• サイクルラボ

なぜ業務委託を始めるなら自転車出張修理なのか?

自転車出張修理の独立開業では「会社設立」「業務委託」「フランチャイズ」の3つの形態が存在します。


そんな中で、これから自転車出張修理を始めるなら「業務委託」がおすすめです。


では、なぜ業務委託が自転車出張修理に向いているのか、各パターンの特徴やメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

1.自転車出張修理を独立開業する3つのパターン


自転車出張修理を独立開業する3つのパターンについて解説します。


 ・会社設立

 ・業務委託

 ・フランチャイズ


それぞれどのような違いがあるのか、仕事の進め方やコスト面などを把握していきましょう。


①会社設立

「会社設立」は、会社を立ち上げて自転車出張修理経を営む形態です。


開業から集客、作業、経費管理など全ての業務を自分の責任で行うことができるため、自分の好きなように経営を行うことが可能です。


ただし、他の形態と比較して、経営や集客、作業のノウハウを得ることができないため、開業のハードルは高いと言えます。


②業務委託

「業務委託」は、企業が継続的に行っている事業や取り組み(この場合は自転車出張修理業)を、他社に委託することを指します。


本部から業務を委託された個人または法人が、仕事を遂行することで報酬を受け取る仕組みになっています。


委託された業務を行うのみで済むため、経営などの責任を負う必要もなく、仕事の自由度も高いのも特徴です。


③フランチャイズ

「フランチャイズ」は、個人や法人がフランチャイズ本部にロイヤリティを支払うことで、名前やサービス、商品を使用する権利を得てビジネスを行う仕組みを指します。


加盟する個人または法人がフランチャイズ本部と契約を締結し、加盟店のオーナーとして業務を行います。


ロイヤリティの支払いが必須になるものの、経営ノウハウや業務のサポートが受けられるなど、継続的な支援が得られるのが特徴です。


知名度が高いフランチャイズ本部であれば、集客などの手間も省けますが、基本的には本部の方針に従って経営を行わなければなりません。


2.会社設立・業務委託・フランチャイズのメリット・デメリット


次に、独立開業の3つのパターン「会社設立」「業務委託」「フランチャイズ」のメリット・デメリットを解説していきます。


それぞれの良い点・悪い点を把握して、自分に合う独立開業のパターンを選ぶ必要があるでしょう。


①会社設立のメリット・デメリット

会社設立のメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。


【メリット】

・自由に経営ができる

・ロイヤリティの支払いが不要


【デメリット】

・開業のハードルが高い

・経営から集客、業務、経費管理など全て自分で行う必要がある

・ノウハウが得られない


自分で会社を設立する最大のメリットは「自分の好きなように経営が行える」という点です。


ビジネスのやり方や経営方法などの自由度が高いため、何かに縛られて開業するのが嫌だという人におすすめです。


フランチャイズのようにロイヤリティの支払いも必要ありません。


しかし、ビジネスを継続するにあたって、経営に関しては全て自分で行う必要があり、外部からノウハウを得ることも難しくなります。


設立したてだと知名度もないので、集客のために1から宣伝活動をしなければならないため、開業してビジネスを継続するハードルは高いといえるでしょう。


②業務委託のメリット・デメリット

業務委託のメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。


【メリット】

・経営の責任を負う必要がなく開業ハードルが低い

・働き方の幅が広い


【デメリット】

・契約に関するトラブルが生じることがある


業務委託では、本部から委託された業務を遂行することで報酬を得る仕組みになっているため、集客や経営など委託された業務以外の責任を負う必要がありません。


経営ノウハウを持っていなくても、自転車修理のスキルさえ持っていれば独立開業が可能です。


働き方も柔軟に設定できるため開業のハードルも低いといえるでしょう。


しかし、契約内容によってトラブルが生じる事例が存在します。そのため、委託される前に契約内容をよく確認することが重要です。


③フランチャイズのメリット・デメリット

フランチャイズのメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。


【メリット】

・知名度やブランド力を活用できる

・経営ノウハウが得られる

・業務のサポートも受けられる


【デメリット】

・ロイヤリティの支払いが必要

・経営の自由度は低い


フランチャイズのメリットとしては、加盟することで本部の知名度やブランド力を活用できるという点にあります。


集客のためのコストを低く抑えられますし、顧客からの信用度も形成されています。


さらに、経営のノウハウや業務のサポートなども受けられるため、独立開業のハードルも低く、ビジネスを継続しやすいのも特徴です。


ただし、本部へのロイヤリティの支払いが負担になってしまうというデメリットもあります。


業務の進め方や経営など全て本部の方針に従う必要もあるため、自由度は低く個人でできる部分はかなり少なくなってしまうでしょう。


3.なぜ自転車出張修理は「業務委託」が良いのか


独立開業の3つのパターンについて詳しく見ていきましたが、自転車出張修理においては「業務委託」がおすすめです。


では、なぜ業務委託がおすすめなのか、理由について詳しく見ていきましょう。


【業務委託がおすすめな理由】

・働き方の幅が広い

・副業・ダブルワークが可能

・独立開業のハードルが低い

・自分の住んでいるエリアで開業できる

・集客に関しては本部に任せられる


①働き方の幅が広い

業務委託は、本部から委託された業務を行う仕組みになっているため、仕事量の調整が可能で働き方の幅が広いのが特徴です。


稼働日や1日の仕事時間なども比較的自由に設定できるため、自分の望む形での独立開業が可能です。


②副業・ダブルワークが可能

会社設立・フランチャイズと比較して、業務委託は柔軟に働き方を選ぶことができるため、本業としてだけでなく副業・ダブルワークとしても開業が可能です。


副収入を得るために週2日から自転車出張修理業を始めるといったこともできます。


③独立開業のハードルが低い

「会社を立ち上げる」「自分で経営を行う」というのは、なかなかハードルが高く始めにくいといえるでしょう。


業務委託であれば、委託された業務を遂行するだけで、経営などの責任を負う必要もないため、独立開業のハードルは低いといえるでしょう。


経営面やコスト面を比較しても、業務委託は比較的始めやすい形態です。


④自分の住んでいるエリアで開業できる

自分の住んでいる地域で開業し、集客を行えるというのも業務委託のメリットです。


副業やダブルワークで自転車出張修理を始める場合、自宅から遠い場所で業務を行うのは無理があるでしょう。


業務委託なら住んでいるエリアを基点に集客や業務が始められるため、始めるハードルも低く、続けやすいといえます。


⑤集客に関しては本部に任せられる

自転車出張修理の業務委託においては、利用者がまず本部に修理の依頼を行い、業務を委託先に渡すという流れで進められます。


そのため、集客に関しては本部に任せられるため、1から宣伝活動やPRを行う必要がなく、安定して業務を得ることができるでしょう。


4.まとめ


自転車出張修理で独立開業する3つのパターンの特徴やメリット・デメリット、その中で業務委託がおすすめな理由について解説しました。


それぞれメリット・デメリットがありますが、自転車出張修理であれば、本業としても副業としても柔軟な働き方ができ、独立開業のハードルが低い業務委託がおすすめです。


これから自転車出張修理を始めてみようとお考えの方は、業務委託で独立開業してみてください。


214回の閲覧

最新記事

すべて表示

自転車出張修理とは何か?

自転車店まで持っていくのが大変なときでも、自転車出張修理に依頼すれば専門のスタッフが駆けつけて自転車のトラブルを解決してくれます。今回はそんな自転車出張修理の仕事について紹介していきます。「自転車店との違いは?」「開業までの流れは?」「未経験でもできる?」など掲載しています。

なぜ自転車店ではなく出張修理専門なのか?

自転車店の開業を検討されている中でも以下のような不安を抱えている方も多いと思います。 ・安定して経営を続けていけるだろうか? ・開業資金やランニングコストと利益のバランスは取れるだろうか? ・コロナの影響で店舗経営のリスクがある中大丈夫だろうか? そんな方におすすめなのが自転車の出張修理専門業です。 文字通り自転車を所有するお客様の元に出向き修理やメンテナンスと行いながら利益を挙げていくスタイルに